買い取り不能なピアノは、どんなピアノ?

買い取り不能なピアノは、どんなピアノ?

ご家庭にあるピアノが要らなくなって、売却したいと思うことがあるでしょう。
そんなとき、一体どのようなピアノは売却できて、どのようなピアノだと売却不能なのでしょうか?

 

以下に簡単にまとめたので参考にしてください。

 

■年式について

 

中古ピアノ買い取り店のサイトなどの情報からすると、ピアノの年式についてはさほど問題にならないようです。
ピアノを買ってからすぐに売ろうと考える人はあまりいないので、買ってから何年も経っているのは当然かもしれません。

 

たいていの場合、ピアノが製造された年から30年経過したものくらいまでは、買い取りに際して値段がつくようです。
しかし、30年以上経過したものについては、査定額がつかない場合が多いでしょう。

 

このような査定の基準はあくまで一例であり、業者によりけりですから、たった1社で見積もりを出してもらってそれで納得しないで、複数の買い取り業者に査定を依頼した方が良いでしょう。

 

買い取りの対象外になってしまったピアノでも、業者によっては無料で回収して処分してくれるところもあるようです。
不用品回収に出すとお金がかかるところが多いですから、これだけでもお得ですよね。

 

買い取り対象外になったピアノの処分に関しては、メーカーやモデルにかかわらず一律で扱うところが多いようです。

 

■傷や故障について

 

普段の生活でついてしまうような小さな傷に関しては、さほど気にする必要はありませんが、美しい状態であればあるほど良いに越したことはありません。

 

それから、鍵盤の持ち上がりが少々悪いなどの機能的な面での故障に関してですが、これもさほど査定額には響かないようです。
買取の後、ほとんどの場合はフルでメンテナンスを行ってから売りに出しますので、あまり気にしなくても良いのでしょう。

 

でも、目立つ大きな傷があるケースや、外装の塗装がはげてしまっているようなピアノは、査定金額が下がります。

 

また、内部の損傷に関しては、査定額が下がる原因になります。

 

以上のような基準も、やはり業者によってまちまちですから、複数の業者に査定を依頼して、一番高く買い取りをしてもらえる店に売った方が得策です。