ピアノ演奏の正しい姿勢とは?

ピアノ演奏の正しい姿勢とは?

スポーツなどの場合には、どんな競技でも基本の姿勢や構えなどがあります。
最初にきちんと指導されることでしょう。
スポーツと同様に、ピアノにも正しい姿勢があって、きちんと正しい姿勢がとれていないと上達が遅くなるといわれているのです。

 

ピアノがなかなか上達しなかったり、きれいに弾けない原因に、姿勢が関連していることも多いようですから、思い当たったら姿勢を見直してみると良いでしょう。

 

ピアノを弾く上で注意する点は以下になります。

 

■椅子に腰掛けるときの深さについて

 

深く椅子に腰掛けて、もたれないようにします。
少々浅いくらいでも構いません。
重心はちょっと前になるくらいで、すぐに立ち上がれるようなゆとりを残して座ってください。

 

椅子の高さは低くても高くてもいけません。
自分で一番弾きやすい高さを見付けるようにしましょう。
鍵盤に手を置いたとき、腕が水平になるくらいがちょうど良く、適切でない高さで弾いていると腕に力が入りすぎて疲れやすくなります。

 

■背筋について

 

背筋はピンと伸ばすようにしましょう。
猫背などになっていると、肩に無駄な力が入ってしまいます。
肩の力を抜いて、リラックスした状態で弾けるとベストです。

 

■ひじについて

 

ひじは、水平になっていて、伸びていることが重要なポイントです。

 

ひじを閉じたり開いたりして弾いているのはあまり良くありません。

 

身体とひじの間には握りこぶし1個分のすき間を空けるようにしましょう。
窮屈にならないような自分の弾きやすいベストポジションを見付けるようにしてください。

 

■手と指の形について

 

指の形はピアノを演奏する上で大変重要です。
指の形を間違えていると、弾きにくくなってしまうのです。

 

よく卵を持つような形をしましょうといわれますが、指先まで丸めないで、指先は立てるようにします。

 

指全体が鍵盤に触れている状態もダメで、指のひらで鍵盤を弾いてしまうと無駄な力が入ってしまいます。

 

 

以上、ピアノの正しい姿勢についてみてきましたが、最初はできていてもだんだんに自分のクセが出てしまうこともあるでしょうから、ときどきはチェックするようにすると良いですね。